佛前結婚式とは

佛前結婚式とは、その文字の示すように、み佛さまと先祖の前で行われる結婚式のことです。

佛前結婚式における「佛」とは、本尊と先祖を意味します。

つまり佛前結婚式とは、本尊と二人の先祖に対して結婚をお誓いさせていただく式であるといえます。

先祖を大切に思い、供養させていただくことは、よりよく生きることにつながります。

このことを、佛教では佛縁と呼び、この考えのもとにとりおこなわれているのが、佛前結婚式です。

現在の結婚式は大半が教会式や神前式であり、佛前結婚式はほとんどないのではないでしょうか。

けれども、「縁談が整う」という言葉も、「因縁」という佛教用語に由来致しますことから、

み佛さまにお誓いさせていただく佛前結婚式は、むしろ自然なことであるといえます。

佛前結婚式 式次第

1.親族入場・着席

2.新郎新婦入場

結婚式を司る式師様と媒酌人に伴われた両人が入場します。

3.式師入場

4.献香(けんこう)三拝

式師様と共にご本尊に向かい一同合掌礼拝します。

5.啓白文(けいびゃくもん)奉読

結婚の意義を仏前にて奉読し両人の幸福を祈ります。

6.酒水灌頂(しゃくすいかんじょう)

浄めの儀式として法性水と呼ばれるみ仏の清らかな水を
両人の頭上にそそぎ身と心を清めます。

7.寿珠授与(じゅずじゅよ)・指輪交換

睦みの儀式として数珠を式師様より受け互いに数珠をかけ、指輪を交換します。

8.三帰礼文(さんきらいもん)唱和

仏法僧の三宝に帰依する三帰礼文をお唱えをします。

9.盃事(さかずきごと)

両人の三三九度に引き続き、親族固めの盃を交わし、
一同そろってお祝いの盃をいただきます。

10.新郎新婦誓約文(せいやくもん)奉読

両人が誓いの言葉をご本尊の御前にて奉読し、式師両人が押印します。

11.普同三拝(ふどうさんぱい)

式師様と共に一同合掌礼拝し、式を閉じます。

12.式師退場

13.参列者退場

以上

セクシャルマイノリティ(LGBT)の多様化を応援しております

私どもは、佛前結婚式を通じて、セクシャルマイノリティー(LGBT)の多様化を応援しております。

セクシャルマイノリティー(LGBT)とは、どのような性別の人を好きになるかを意味し、また自分の性をどのように認識しているのかを意味します。

身体の性と心の性が一致しているのが一般的と言われていますが、男女どちらにも恋愛感情を持たない人や自身の性を決められない人など、多種多様です。セクシャルマイノリティであっても、ありのままにに生きる権利があります。 私たちは、平等な社会を実現できるように、佛前結婚式を通してセクシャルマイノリティの多様化を応援しております。

PAGE TOP